読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者ブロガーに伝えたいターゲットを絞るということ



最近、ようやく自分の中でブロガーレベルが2になったような気がします。
そんなちょっとだけ初心者の域を脱した自分が、せひとも伝えておきたいことがあります。
それは、ターゲットを設定するということ。

 

駆け出しブロガーの行動

ブログを始めたばかりの方は、初めのうちはがむしゃらに書くと思います。
最初の記事は「今日からブログはじめました」。
そこから徐々に色気を出し始め、広告収入なんてものにも興味を持ち始める。
そして訪問者の少なさに愕然とし、PVを気にする日々が続く。。。

はい、自分のことです。
なんだか書いてて悲しくなってきましたよ。

最初は手探り状態なので、色々調べるわけですよ。
「ブログ 集客」「ブログ アドセンス」「ブログ PV 増やす」などなど(笑

 

レベル2へのきっかけ

そしてある時、はたと気付きます。
『なんで訪問者が増えないんだろう』

最初に自分がブロガーレベル2になったと書いたのは、何もテクニックをたくさん覚えたからではありません。
人気ブログになったわけでもなく、月間PVが10万を超えたとかそういうことでもないです。
絶対変わったなと思えるのは、『考え方』です。

気づくきっかけとなったのは、こちらの方の動画を見たからでした。
5分くらいの動画なので、見てみてください。

www.youtube.com

 

ブログのターゲット

ブログで何かしらの結果を出したい場合、ターゲットの選定が必須です。
例えば魚釣りをする場合、タイを釣りたければ海にいきますし、鮎を釣りたければ川にいきますよね。
釣りの道具も餌も全て同じというわけにはいきません。

ブログもそれと同じです。
何を誰に対して伝えたいのか。
アフィリエイトを売りたい、もっと自分のブログを広めて欲しいと思った時に、誰にというのが重要になってきます。

道路で釣り糸を垂らしていても魚は釣れません。
きちんとターゲットを絞って、その人に対してアプローチする必要があります。

テーマにとらわれない

ターゲットが決まれば、ブログはその人に向かって書けばいいだけです。
釣り好きの人をターゲットにするのであれば、釣り関連の話題はもちろん、潮流の観測方法とか移動に使うレンタカーとか話題はたくさんあると思います。
「釣りの話しかしちゃダメなんじゃないの?」
いえいえ、問題なっしんぐです。

例えば会社で共通の趣味をもった上司がいるとします。
その上司と釣りの話だけをしていますか?
国際情勢とか、近所の安売りスーパーの話とか、昨日の晩飯の話もしますよね。

それで良いんです。
タイを釣る手法がいくつもあるように、使う釣竿が人それぞれ違うように、ターゲットを絞ったら、書く題材(テーマ)は自由です。
だって、テーマまで絞ったらそのうち書くこと無くなっちゃいますもの。。。

まとめると

ブログを書く時に、心の中でターゲットを思い浮かべて書く。
これこそがブロガーレベル2になるための秘訣です。
小手先のテクニックなんて、後からいくらでもついてきます。
大切なのは、ターゲットを見据えた方向性がブレない記事を提供することです。

…と、レベル2になりたての自分が語ってみました(笑